空きっ腹にOD、デパス飲んで聖書

ODの効果が切れたらめちゃくちゃ不安感に襲われた。今日は躁が一段落したのでODが効いたのかと思ってるけど、食欲がなくて朝食を食べずに朝からODしたのも効いた一因じゃないかと思ってる。プラセボ程度だろうけど。次も朝食抜いてODしよう〜。

 

ODが効いてる間はさすがに罪悪感があって聖なるものには触れないが、聖書を読むには心の落ち着きが必要になる。心が暗いと手厳しい箇所ばかり目に付いてしまうからだ。今はルカによる福音書を読んでいるので、イエス様の言葉と思えば尚更重みがずっしりとのしかかって、潰れそうになってしまう。処方のデパスを1錠、ちゃんと守って飲んで読む。落ち着いた心で読む聖書はびっくりするほどありがたい。厳しい箇所も心を潰したりしない。病の恐ろしさと適切な投薬の大切さを思い知る。医療の進歩も神様からの恵みの歴史だ。しかし今日は1錠飲んでもさっぱり効かず、超絶不安感に襲われ続けたので、夜のデパスも午前のうちに飲んでしまった。覿面に効いたけど、午後からが心配だ。一日乗り切れますように。

 

12時ぴったりに最後に取っておいたリボトリール飲んじゃった!父の「PC長いことしてるん違う?」(してない)という何気ない言葉でモヤモヤが爆発した。私は濡れ衣を着せられるとブチ切れそうになる悪癖がある。父は言葉や言い方を選んでやんわり言ってくれたのに。もう何もかも終わってしまった!駄目!今日は閉店!14時のミサ、参加できるといいな…無理かな…。

求道者は許されたい

プチODしたら久しぶりに効いた。気分が明るくなり、積極的になった。気が大きくなったともいう。ブログを再開することを決意したのもODのおかげだ。カトリックでは麻薬中毒が大きな罪とされているとツイッターで見たので処方薬とはいえ薬物乱用・依存の私もアウトなのだろうが、宗教的罪悪感からレグカ(自傷)をやめたところで情緒不安定なのでもう少しの間許されたいという気持ちがある。甘え。それにしても気分が落ち込みがちな生理中にODできるのは助かる。福祉だ。

 

生理のいちばん辛いときが終わり、だいぶ体調も良くなった。毎月とても気が重いので、11月くらいには婦人科に行くことを目指して頑張る。低用量ピルを処方されるのだろうか。毎月行かなきゃいけないからしんどいな。今はオンラインピル処方もあるけど、きっと高いんだろうと勝手に思っている。

家の中を歩きすぎて腰を傷めた。

昨日とうとう止められて叱られた。

外に出ず家で休んでいることに、想像以上に焦っていたようだ。

早く社会復帰したい。人生を無駄にしているようだ。などと言ったらまた怒られるんだけど。

今も焦りからかずっと寝付けずにいる。

断眠療法なんてのも聞いたことあるし、焦らずゆっくりしてよう。